必要な知識はなにか

いまや大企業に限らず、中小企業や商店、個人でもコンピューターは仕事をする上で必要不可欠なアイテムになりました。
それぞれの職種に合わせた便利なソフトもたくさん開発されていますし、また企業によっては自社の特性や業務内容に合ったシステムを独自で開発しているところも少なくありません。

近年レンタルサーバーも増えて、金額も手ごろなものがありますので、少しずつ利用者も増えてきているようですが、社内にサーバーを置いて管理している企業も多数あります。
昔はよくサーバーがダウンしてシステムが使えなくなった、という話も普通に聞いていましたが最近ではサーバーがダウンすることはあり得ない、考えられないといった時代になってきました。

大手の電話会社などが年末年始にサーバーダウンした、ということも近年はなくなったように思います。
サーバーの停止はビジネスの停止といっても過言ではありません。
いかにこのようなトラブルを回避するか、が企業の大きな課題でもあります。

その為に必要となるのがサーバーエンジニアです。
プログラマーやシステムエンジニアのように派手な職種ではありませんが、その重要性は極めて大きいと思います。
Webサーバーはもちろん、メールサーバー、アプリケーションサーバー、プリンタサーバーなど、その管理すべきサーバーは企業によって種類も内容も違ってきますが、どれ1つでも停止することがないようにしなくてはいけません。

サーバーエンジニアに求められるものは、それぞれの技術や知識ですから幅が広く深いものになります。
なんとなく理解している程度ではカバーしきれませんので、しっかりと技術や知識を身に付けなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です