Webサーバーを管理するには

クラウド化が広く言われるようになり利用者が増えても、企業の中では顧客情報や商品情報などの、最も大切な心臓部にあたるデータなどは自社で管理したい、外には出したくない、と慎重に考える企業は少なくありません。
なぜなら、どんなに保安や保全など管理に注意していても、毎年ニュースで顧客情報流出などの事件もよく聞くようになったからです。

いずれもセキュリティに関しては十分考えられているであろう、と思われる企業ほどニュースの種になっています。
ですから、できるだけ大切な情報に携わる人間が少ない方が、情報の保持に繋がるという考え方は間違っていないと思います。
クラウド化が進んでサーバーエンジニアの仕事がなくなるのではないか、といった危機感を感じている人も多いと思いますが、先に述べたように自社で管理したい情報というものはありますので、仕事がなくなることはあり得ないと思います。

ただ、今までのようにサーバー管理しか出来ないようでは、ITの進化や流れについていくことが出来ず、取り残されてしまうことになりかねません。何か特性のある管理能力を身につけておく方が良さそうです。
サーバーと一言でいっても様々です。

Webサーバーの場合、必要な経験、知識、スキルはもちろんですが、Apacheなどのネットワークセキュリティの知識がないといけません。
また、使用しているOSによってはWindowsであったりLinuxの専門的な知識が要求されることもあります。

事前に取得しておくべき資格には、マイクロソフト認定資格のMCPや、LinuxのLPICなどの関連資格を持っていると知識として十分な評価に繋がると思います。
もちろん、Webサーバーですから、ネットワーク関連の知識もなくてはいけません。シスコ認定資格なども取得しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です