経験がなくてもサーバーエンジニアになれるのか

IT関連の業種はたくさんあります。
その中の1つでサーバーエンジニアという仕事があり、比較的未経験でも採用されると聞いたことがあります。大変な仕事のように思いますが、本当に未経験でも可能なのでしょうか。

もちろん、まったくコンピューターにも触ったことがない、という人では流石に採用にはならないと思いますが、タイピング位が出来れば良い、という条件のところもあります。
このサーバーエンジニアの仕事内容は、コンピューターのシステムを運用する際に必要なサーバー機器の構築であったり、サーバーソフトの設定を行ったりします。基本はこのような内容になると思います。

後は、企業がどのようなことにサーバーを利用しているかによるかと思います。汎用化されていなければ、企業内だけで済みますのであまり難しいことはないかもしれませんから、決められた内容と知識をマニュアル通りに対応出来れば良いらしい、とのことでした。

年齢が若い間はこの業務内容であっても、あまり問題はないかもしれませんが、30歳前でこのキャリアでは転職やさらなるスキルアップは難しいかもしれません。
最初は簡単な内容や責務の軽い内容でも良いのですが、年ごとにスキルアップに繋がるような業務内容に携われるようにしておくことが大切です。
いくら未経験可とはいっても、仕事をしながらOSやセキュリティ、ネットワークに関する勉強はしておく方が良いでしょう。

特にサーバーにかかる負荷分散構成の設計や構築、運用に関する知識があるとより業務にも生かすことが出来ます。
サーバーに負荷がかかり過ぎてダウンしてしまった、などということは考えられない時代になっていますので、常にサーバーがどのように利用されていて、使用の範囲や頻度については常に着目しておかなくてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です